【Rain】完全解説/Mr.Children

Atomic Heart
チルカン
チルカン

Mr.Children「Rain」の解説と考察だよ♪

ポイント

何故「Rain」というタイトルが付いたのかが分かる

楽曲紹介

楽曲収録CD

概要収録作品発売日
4th ALBUMAtomic Heart1994年9月1日

豆知識

チル鶏
チル鶏

約20秒のインストだよ♪

アルバムジャケット情報

created by Rinker
¥2,948 (2024/04/16 22:04:57時点 楽天市場調べ-詳細)
  • ブルーのアイデアを出したのは桜井さん
  • 全面ブルーを提案したのは信藤さん
  • 上記の流れで小林さんが賛同して今の形に至る
  • 「アトミックなハートはこんな色のブルーかもしれないな」と信藤さんは語っている
  • アートディレクター:信藤三雄

MV(ミュージックビデオ)情報

撮影場所

なし

ミュージックビデオはございません

タイトルについて

Rain」とはそのまま「雨」です。
恐らくサンプリングされた雨の音を使用しているかと思われます。

アルバム1曲目の「Printing」同様、斜体文字で表記されています

スポンサーリンク

楽曲解説

制作背景

こちらの楽曲は4th ALBUM『Atomic Heart』の「9曲目」に収録されており、次曲「雨のち晴れ」との繋がりがあります。

制作背景が語られた資料は今のところ確認できておりません。

「雨のち晴れ」の1番終わりの歌詞が「今日は雨降りでも」である為、雨が降っていることをイメージさせたかったと予想できます。

アレンジ

聴く限り実際の雨の音を使っているのかは分かりませんが、恐らくサンプリングされた音を使用されているかと思います。
(本物の雨の音を使っていた場合それを売りにも出来るので、記載がないということは機械音の可能性が高いです)

ライブ&テレビ披露

ライブ

  • ライブ披露はございません

使用される可能性のあったアルバム発売直後の「’94 tour innocent world」では「雨のち晴れ Remix version」だった為、(【es】 Mr.Children in FILM」に収録)こちらの楽曲Rainは使用されておりません。

オススメ映像作品

現在映像収録作品はございません。

テレビ

  • なし
スポンサーリンク

まとめ

「雨のち晴れ」ありきのトラックなので、シャッフルで音楽を聴くことが当たり前になった昨今、もし初めて「Atomic Heart」を丸々ダウンロードした方は、この曲があること自体気づかないという事例もあり得るのかなと思ってしまいます。

今後こういった曲のコンセプトに合わせ、別トラックとして音源が制作されることは少なくなっていくのかと思うと寂しいものです。
例えば「overture」〜「蘇生」などが今後は減ってくる可能性は高いですね。

YouTube版楽曲解説

準備中

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました