【UFO】完全解説+歌詞の意味/Mr.Children

IT'S A WONDERFUL WORLD
チルカン
チルカン

Mr.Children「UFO」の解説と歌詞考察だよ♪

ポイント

現実逃避

楽曲紹介

楽曲収録CD

概要収録作品発売日
10th ALBUMIT’S A WONDERFUL WORLD2002年5月10日

作詞:桜井和寿/作曲:桜井和寿

豆知識

チル鶏
チル鶏

当初はアルバムに収録予定はなかったんだよ♪

チル鶏ブラック
チル鶏ブラック

桜井さんは「『冷めかけたスパゲティー』というフレーズを歌いたかっただけ」と言ってたな。

チル鶏子
チル鶏子

女性スタッフに人気だったから入れたというのを聞いたわ!私も好きよ♪

アルバムジャケット情報

created by Rinker
¥3,004 (2024/04/16 23:13:13時点 楽天市場調べ-詳細)
  • デザイン(地球から植物が育っている)が決まるまでかなり時間のかかった作品
  • 地球環境を意識している
  • ジャケットは絵に見えるが実は写真を加工したもの
  • 歌詞カードのブックレット写真のイメージは「エデンの園」
  • アートディレクター:信藤三雄

MV(ミュージックビデオ)情報

撮影場所

なし

ミュージックビデオはございません

タイトルについて

UFOに乗ってどこか遠くへ行ってしまいたいという現実逃避。

スポンサーリンク

歌詞考察

1番 Aメロ Bメロ(「上手くいかない〜)

「上手くいかないことばかりだよ」と
君が肩を落とすから 気が付けば抱き寄せてた
あの日 一緒に見た奇妙な光
アダムスキーだなんだと茶化して帳消しにしたいんだろう

<出典>Mr.Children/UFO 作詞:桜井和寿

隣にいる彼女が「上手くいかないことばかりだよ」と落ち込んでいます。
主人公は親身になって聞いている内に、気がつけば彼女を抱き寄せ、慰めようとしました。
これから何かが起きそうなムードです。

しかし突然、奇妙な光が現れます。
それを彼女が「あ、※アダムスキーだよ!」と茶化します。
(※アダムスキー型の円盤と呼ばれる、いわゆる”UFO”です)

ただその光のせいで、”何かが起きそうなムード”が台無しに。
「これ以上はダメ…」と彼女に誤魔化されたかのように思ってしまう主人公。

ここで描かれているのは、少し関係が深まりそうな雰囲気の漂う男女二人のシーンです。
しかし…。

1番 Bメロ(腫れ物を〜)

腫れ物を触るみたいな 核心を避ける話題

<出典>Mr.Children/UFO 作詞:桜井和寿

このフレーズが指すのはAメロのやり取りです。

彼女を抱き寄せ、慰める主人公。
受け入れてはいけないと、その状況を誤魔化してしまう彼女。

つまり二人には核心に迫ってはいけない大きな問題があるのです。

その問題に直接触れることを避けながら過ごした二人。
どこか訳アリな関係であることが分かります。

1番 サビ(冷めかけた〜)

冷めかけたスパゲティーをフォークに巻き付けては
甘い憂鬱を噛みしめる
バランスとるのはやめて 愛を吐き出したら
つぐんでた昨日より 胸のつかえはなくなるけど
どうかなぁ

<出典>Mr.Children/UFO 作詞:桜井和寿

主人公はスパゲティーを食べています。
しかしフォークに巻き付けたまま憂鬱が喉をつかえ、中々口へ運ぶことができません。
食事よりも憂鬱を噛み締めてしまっているのです。
温かかったスパゲティーは既に冷めかけていました。

さて彼の悩み、問題は何なのでしょうか?
それは何かと何かを天秤にかけてしまっている状況。
そこにバランスよく向き合ってしまっている現状を不安視しているのです。

そしてその根底にあるのは「愛」という感情。
本当に向き合いたい「愛」を思い切って吐き出してしまうことで、心の重荷から解放されるかもしれない。
でもそれが正しいかは分からない。

まだ核心に迫ってはいませんが、それが主人公の悩みです。

“冷めかけたスパゲティー”には、主人公自身が感情的に冷めかけているものがあることも示唆しているのかもしれません。

2番 Aメロ Bメロ(互いの胸の〜)

互いの胸のうちに気付いてる以上
僕らは共犯者だ 念を押して確かめなくても
僕を信じきっているあの人を 嫌いになれもしないから
よけい 分かんなくなるんだよ

なぜ二人 今になって惹きあってしまうんだろう

<出典>Mr.Children/UFO 作詞:桜井和寿

重量ワードが出てきました。
僕を信じきっているあの人を嫌いになれもしないから」

主人公には”別の彼女(もしくは妻)”がいたのです。

つまり二人は浮気・不倫関係。
その事実を互いが理解しながらも関係を続けようとしている「共犯者」なのです。

しかし主人公は本当のパートナーと別れる決断ができない。
でも奇妙な光を一緒に見た彼女が好き。

「なぜ今になって惹きあってしまうんだろう?」
そんな複雑な感情に悩む日々が続いているのです。

2番 サビ(遥か彼方から〜)

遥か彼方から飛来する未知の光が
僕らを包んで
迷いも苦しみもない世界へと連れ去る
身勝手なその夢は
低空飛行の旅客機の地響きに
はぎ取られた

<出典>Mr.Children/UFO 作詞:桜井和寿

悩み苦しむ主人公は、あの日見た光を思い出し、僅かな希望を掲げます。
「あの奇妙な光が迷いも苦しみもない世界へと連れ去ってくれたなら」

しかしその夢は、旅客機の地響きによって妨げられ、現実に引き戻されます。
そうそれは一線を越えぬよう彼女が茶化して帳消しにしたあの日のように。

ラスサビ(遥か彼方から〜)

遥か彼方から飛来する未知の光が
僕らを包んで
迷いも苦しみもない世界へと誘う
あのUFOが出てくる夢
僕の心を無重力の宇宙へ浮かべる
二人を 夢の中へ連れてっておくれ
UFO来ないかなぁ

<出典>Mr.Children/UFO 作詞:桜井和寿

解決策が見つからぬまま、宇宙への逃避を夢見てしまう主人公。
現実から逃れることにより、罪悪感や心理的な負担から解放されたい一心です。

「何も考えたくない」「二人だけの世界に行きたい」

しかし「UFO」が非現実的な存在であるのと同じように、二人の現状もあってはならない関係。
最後の言葉、「UFO来ないかなぁ」というつぶやきからは、それを分かっている主人公の虚しさすら感じます。

現実逃避の先に解決策はありません。
しっかり自分の気持ちと向き合うことが大切ですね。

ちなみに桜井さんはこの曲の主人公を「僕の一番キライなタイプ」とコメントしています。

聴きどころ

メロディー

何故桜井さんがこの曲で、自分のキライな男像を歌詞にしたのか?
こう説明しています。
「メロディーが言葉を呼び出すんですよ。僕の意識を越えたところで…そのメロディーにマッチする言葉やストーリーを、ただただ書き綴っていった」
何も考えずメロディーに委ねて書いたということであり、特に深い理由はないそうです。

フワフワして心地良く、でもどこか覚束無いメロディーに、浮遊する「UFO」をイメージしたかもしれません。

個人的にはAメロがとても好きです。

アレンジ

  • 原曲Key=A
  • BPM(テンポ)150

イントロの疾走感と「UFO」をイメージしたような浮遊感がとても心地良く、最高です。
ファンの間では人気の高いイントロですね。

この曲はBPM(テンポ)が「150」という数字になっており、Mr.Childrenの楽曲ではかなり早い方です。(他に「Birthday」も「150」です)

『UFO』という題材通り、サウンドやコード感も再現されていますね。
田原さんのギターソロにもこだわりがあるそうで、「入り口は飛行機の地響きの音、出口はUFOの音」をイメージしているそうです。
更に曲の終わりでは「UFOが飛んでいくのを再現して欲しい」と桜井さんが田原さんに、「無茶振りで頼んだ…」とのことです。

著名人の感想

随時更新します。

ライブ&テレビ披露

ライブ

ライブ披露はございません

オススメ映像作品

早くライブで演ってほしい!!

テレビ

なし

スポンサーリンク

まとめ

元々はお蔵入りの曲だったという話ですが、蓋を開けてみればお蔵入りとは思えないクオリティーで、「えっ、普通に良い曲じゃん!!」と、かなり好印象でした。
アルバム『IT’S A WONDERFUL WORLD』は個人的にどの曲もレベルが高いと思っているのですが、その中でも全然浮いた感じはないと思います。

歌詞についてメロディーの項目で、「メロディーが言葉を呼び出す」というコメントを紹介しましたが、実はこういう歌詞の書き方はこの曲が初めてだったそうです。

これは桜井さんにとってとても大きな変化で、これまでは社会に対してや桜井さん自身の感情を歌った曲が多かった中、『IT’S A WONDERFUL WORLD』以降、架空の人物が登場する短編小説のような曲が増えたと言います。

桜井さんは以前「B’z」稲葉さんとの対談にて「頭に浮かんだものがペットボトルの水とスニーカーだとするとそれを結ぶ物語を後から考える」とおっしゃっていました。
「『冷めかけたスパゲティー』というフレーズを歌いたかっただけ」というとっかかりがあるように、この曲から日常にある固有名詞や動作から広げてく作り方が始まったのかもしれません。

桜井さんの歌詞制作に大きな変化を与えた曲の一つです。
お蔵入りの予定だったと言いますが、収録してくれてよかったなと思います。

2023年現在、Mr.ChildrenはUFOをライブで一度も披露しておりません。
「会員が最もライブで聴きたい曲」アンケートでは10位に選ばれてます。
スピード感もあり、ライブ化けも期待できる曲だとは思いますので、是非いつかライブで聴いてみたいものです。

YouTube版楽曲解説
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました