【渇いたkiss】完全解説+歌詞の意味/Mr.Children

IT'S A WONDERFUL WORLD
チルカン
チルカン

Mr.Children「渇いたkiss」の解説と歌詞考察だよ♪

ポイント

ミスチル史上最も報われない失恋ソング

楽曲紹介

楽曲収録CD

概要収録作品発売日
10th ALBUMIT’S A WONDERFUL WORLD2002年5月10日

作詞:桜井和寿/作曲:桜井和寿

豆知識

チル鶏
チル鶏

特にありません。

アルバムジャケット情報

created by Rinker
¥3,204 (2024/02/29 00:48:38時点 楽天市場調べ-詳細)
  • デザイン(地球から植物が育っている)が決まるまでかなり時間のかかった作品
  • 地球環境を意識している
  • ジャケットは絵に見えるが実は写真を加工したもの
  • 歌詞カードのブックレット写真のイメージは「エデンの園」
  • アートディレクター:信藤三雄

MV(ミュージックビデオ)情報

撮影場所

なし

ミュージックビデオはございません

タイトルについて

仮タイトルは『秋~オーギュメント~』。
音楽用語で「aug(オーギュメント)」というコードがあり、それを指していると思われます。

渇いた=主人公が唇に飢えて欲しがってる「渇望」の意味。
“とにかくkissを求めている”という意味で「渇いたkiss」

『渇いたkiss』が『乾いた』ではない理由を桜井さんは「女性としては愛情が無くなり”乾いた唇”かもしれないが、主人公の男にとっては、唇に飢えて欲しがってる”渇望”の意味」とコメントしています。

スポンサーリンク

歌詞考察

1番 Aメロ(生温い空気が〜)

生温い空気がベッドに沈黙を連れてくる
もう うんざりしてるのは僕だって気付いてる
君が最後の答えを口にしてしまう前に
渇いたキスで塞いでしまう
それでなんとか今をしのげればいいのに

<出典>Mr.Children/渇いたkiss 作詞:桜井和寿

同じベッドで眠る二人。

「生温い空気」「沈黙」という表現から、会話もなく、もうそろそろ冷え切ってしまいそうな関係であることが分かります。

主人公は既に、彼女からうんざりされていることを感じ取っている。
そして君が“最後の答え”、つまり“別れの言葉”を言い出してもおかしくはないということに気づいている。

だからその前に、自分のキスで彼女の口を塞いでしまおうと思う主人公。
「それでなんとか今をしのげれば」と必死に別れの言葉を遮ろうとしているのです。

「渇いた」は「渇望」の意味(桜井さんより)。
主人公自身の情熱は彼女とは反対に、まだ燃え上がっているのです。

1番 サビ前半(いつからか〜)

いつからか君は取り繕い 不覚にも僕は嘘を見破り
よくあるフォーマットの上 片一方の踵で乗り上げてしまうんだ

<出典>Mr.Children/渇いたkiss 作詞:桜井和寿

「フォーマット」の意味から解説していきます。

「フォーマット」とは「形式」です。
それだけだと分かりづらいのでストーリーを加味して考えると、これは、よくある「別れのシナリオ」であると僕は解釈します。

つまり、彼女は何かを隠しながら僕に接している。
それを僕は不覚にも見破ってしまった。

だからもう「別れ」という名のシナリオへ片方の足を踏み込んでしまっているのだと、感じてとってしまったのです。

それは主人公にとって予測外なこと。

思わぬ方向へ進んでしまった足並みは、その先にある予測外な結末へと、引き込まれていくしかないのでしょうか。

1番 サビ後半(誰かが禁断の〜)

誰かが禁断の実摘み取り 再び次の果実が実る
揺るぎのない決心に凍りつく顔
力のない瞳が映すのは僕という過去なんだ

<出典>Mr.Children/渇いたkiss 作詞:桜井和寿

アダムとイブは「禁断の実」を食べてしまったことによりエデンの園から追放され、永遠の命を失ってしまいました。
そう、二人にとっての「禁断の実」とは、二人で育て守り続けていくはずだった「永遠の愛」です。

それを第三者が摘み取ってしまい、主人公達二人の「永遠」は失くなってしまった。
そして彼女はその“誰か”と二人で次の果実を実らせてしまったのです。
その「果実」、つまり新しい誰かとの「永遠の愛」をこれから育てようとしている。

彼女の決断は揺るがないほどに固まっている。
何故ならベットで僕を見る彼女の瞳にはもう、未来の僕らは映っていないからです。

そして二人は別れてしまいました。

2番 Aメロ(くたびれた〜)

くたびれたスニーカーがベランダで雨に打たれてる
線香花火 はしゃいでた記憶と一緒に
日に焼けたショーツの痕を やたら気にしてたろう
あんなポーズが この胸を
今もかき乱しているとは知らずに
Oh Baby Don’t go

<出典>Mr.Children/渇いたkiss 作詞:桜井和寿

ここでは彼女との思い出と彼女への未練を描いています。

彼女と過ごした記憶、夏の思い出。
二人で駆け回りくたびれてしまったスニーカーが、ベランダで寂しく雨に打たれています。
まるで虚しい自分の心のように。

そのスニーカーには君との記憶が沢山詰まっています。
線香花火をしてはしゃいだり、日焼け跡が残るくらい真夏の海を楽しんだり。
ちょっとした色んな君の姿が今も胸をかき乱している。

そう、思い出はスニーカーだけにあるのではないのです。
君が「ただいま」と開ける扉。
飲み物を探す冷蔵庫。
ご飯を一緒に食べたテーブル。
全てに思い出は残っています。

ポロッと「Oh Baby Don’t go」→「行かないで」と本心が出てしまい、それをきっかけに彼の言葉は綺麗事ではなくなってしまいます。

2番 サビ前半(ある日君が〜)

ある日君が眠りに就く時 僕の言葉を思い出せばいい
そして自分を責めて 途方に暮れて
切ない夢を見ればいい

<出典>Mr.Children/渇いたkiss 作詞:桜井和寿

とても傷ついた主人公は、自分だけが切ない思いをしていることに孤独を感じていました。

君を絶対に幸せにできる自信があった。
たくさん優しい言葉もかけてあげていた。

だから君も、眠りに就く時に僕の言葉を思い出せばいい。
そして後悔すればいい。
苦しめばいい。
別れなければよかったと思わせたい。

そんな風に思うことで、自分を慰めてしまいます。

2番 サビ後半(とりあえず僕は〜)

とりあえず僕はいつも通り 駆け足で地下鉄に乗り込む
何もなかった顔で 何処吹く風
こんなにも自分を俯瞰で見れる
性格を少し呪うんだ

<出典>Mr.Children/渇いたkiss 作詞:桜井和寿

残酷にも当たり前のように夜は明ける。

今日もいつものように地下鉄に乗り職場へ向かう主人公。
心の中では狂おしくても、周りの人には悲しみを背負った自分を隠せてしまう。
何事もなかったかのように振る舞ってしまう。

そんな自分の器用さが好きじゃない。
もっと素直に誰かに相談などできたら、少しはラクになれるのかもしれません。

落ちサビ(総ての想いを〜)

総ての想いを絶ち切ろうとする度
まとわりつくような胸の痛み
Oh Baby Don’t go

<出典>Mr.Children/渇いたkiss 作詞:桜井和寿

未練や強い想いを絶ち切ることは、簡単なことではありません。
何故なら、「忘れようとする=君のことを考えている」とも言えます。

結局、普段の生活の中で自然に忘れていくしかない。
だから主人公はまだ「行かないでくれ」と心のどこかで復縁を望んでしまうのです。

ラスサビ(ある日君が〜)

ある日君が眠りに就く時 誰かの胸に抱かれてる時
生乾きだった胸の瘡蓋がはがれ
桃色のケロイドに変わればいい
時々疼きながら
平気な顔をしながら

<出典>Mr.Children/渇いたkiss 作詞:桜井和寿

彼女の胸の中には、主人公との想い出が少なからず刻まれているはずです。
その想い出は瘡蓋となり、塞がってしまった。

主人公は思います。
君が誰かに抱かれている時、その瘡蓋が剥がれ桃色のケロイドの変わればいいと。

つまり、その相手に抱かれながらも僕のことを思い出してしまえばいい。
そして苦しみ、罪悪感に押し潰されてしまえばいい。

そう念じるているのです。

愛情と憎しみは表裏一体。
主人公は彼女の新しい恋を認めることが出来ず、自分と過ごしたことの証を、君の心のどこかに残しておきたい。
できるなら僕の元に戻ってきてほしいと思うのです。

そんな大きすぎた愛情を吐き出した、とても切ない失恋ソングでした。

聴きどころ

メロディー

転調後のサビのメロディーがとても好きです。
「ケロイドに変わればいい」の超高音ファルセットが切なくて、主人公の苦しみが伝わってくるようです。

全体的に歌の表現力が素晴らしく、気怠い感じが愛情と憎しみの狭間で彷徨う主人公を演じているようで感情移入してしまいます。

桜井さんは歌入れについて「艶めかしさを出すためにブレスをかなり入れている」とのこと。
若干色気を感じるのはそういうテクニックをされているからなのですね。

同じアルバムに収録されてる「ファスナー」がスガシカオさんを意識して作られてるのですが、若干この曲もスガシカオさんが作りそうなメロディーだなと僕は感じました。

アレンジ

  • 原曲Key=D〜E♭
  • BPM(テンポ)90

イントロからメインで使用されているエレピと、優しく刻むJENのドラムが非常に心地良い。
ミスチルのバラード=ピアノの印象が強いですが、ただの失恋ソングではないこの曲にはとても合っているなぁと思います。

曲の最後に転調をしますが、桜井さんは元々転調するつもりはなかったようで、小林さんのアイデアで半音上げたそうです。

転調はなくても名曲になっていたと思いますが、主人公の”行き場のない想い”を考えると最後に思いの丈を爆発させてあげて正解だったのかなと、小林さんの意図を汲み取りました。

とても深みのあるアレンジですね。

著名人の感想

準備中

ライブ&テレビ披露

ライブ

オススメ映像作品

wonederful world on DEC 21

created by Rinker
¥4,684 (2024/02/29 06:11:01時点 楽天市場調べ-詳細)

現在このライブでしか演奏されていません!ツアーじゃないのでホントに一回キリ…。

テレビ

  • なし
スポンサーリンク

まとめ

この曲は恋人にフラれて、ヨリを戻すことが不可能でどうしようもない時の苦しみを、誰かに共感してほしい時に聴くのがいいと思います。
フラれた自分の辛く憎く悲しいモヤモヤした当たりどころのない感情を、全て代弁してくれています。

だから初めて聴いた時は本当に衝撃でした。
「そうそう、そんなんだよ!」と共感ばかり。
特に2番のサビ“ある日君が〜”からは、正直「よく言ってくれた!」と思ってしまうくらいでした。

正直あまり経験したくはない内容ではありますが、失恋経験のある方ならきっと共感できる作品です。
でもこういう人に言えないような心の内を歌にしてくれるとスッキリしますよね。

希望の歌でも恋愛の歌でも聴き手が求める言葉は結構単純なことだったりするけど、この曲のように飾らず具体的に描かれることで、万人受けは難しいかもしれないけど、ピンポイントで共感できる部分があればハマってしまう。

シングル曲にはない良さっていうのをとても伝えやすい曲の一つなんじゃないかなと思います。僕は大好きな曲です。

前向きな言葉を並べても結局それは強がり。
表に出せない感情だからこそ、共感を得る楽曲になっているのだろうと感じます。


そして本楽曲はファンクラブアンケート「会員が最もライブで聴きたい曲」では9位に選ばれました。
ライブでの披露がまだ一度だけです。(それが9位という高順位の理由かもしれませんが)
桜井さんの圧倒的にアップした歌唱力でまた歌ってほしい作品の一つでもありますね。

YouTube版楽曲解説
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました