【靴ひも】完全解説+歌詞の意味/Mr.Children

I ♥ U
チルカン
チルカン

Mr.Children「靴ひも」の解説と歌詞考察だよ♪

ポイント

必死で大好きな人に会いに行く

楽曲紹介

楽曲収録CD

概要収録作品発売日
12th ALBUMI ♥ U2005年9月21日

作詞:桜井和寿/作曲:桜井和寿

豆知識

チル鶏
チル鶏

事前にデモテープを作らずにレコーディングされたって!

アルバムジャケット情報

created by Rinker
¥2,962 (2024/04/17 09:02:57時点 楽天市場調べ-詳細)
  • 原稿用紙の上にタイトルが記され、ハートの部分は潰れたトマトで表現されている
  • “潰れたトマト”である理由は「字にも形にもなっていない衝動的なものこそ、音楽を通して未熟なまま、思いだけが乗っかっているようなものにしたい」というイメージ
  • アートディレクター:丹下紘希

MV(ミュージックビデオ)情報

撮影場所

なし

ミュージックビデオはございません

タイトルについて

仮タイトルは『G.U.G』だった。

「靴ひも」を結ぶ時間すら惜しく、1秒でも早く君に会いに行きたい男のストーリー。

桜井さんは「会いたいという気持ちを歌っているけど、明確な目的は書いていない」とコメントしています。
つまり”会いたい理由”をどう想像するかは自由です。
僕の解釈はとあるフレーズに着目して、“二人は喧嘩中”としました。
歌詞考察をご覧ください。

スポンサーリンク

歌詞考察

1番 Aメロ(いつまで〜)

いつまでうだうだしてるんだ
どうすべきかは知ってるんだ
君の絵の具で濁った僕がいい
こだわってたものみんな
誰かに譲ったっていいや
失いたくない 急がなくちゃ

<出典>Mr.Children/靴ひも 作詞:桜井和寿

うだうだして居ても立っても居られない主人公。

何故うだうだしているのか?
主人公は今、彼女と”喧嘩中”なのです。

仲直りしたいけど、どうすれば良いのか分からないからうだうだしているのです。
でもそのうだうだな気持ちを取り除く方法を、主人公は知っています。

謝ればいいのです。

今までは自分にもこだわりがあり、それを彼女に強要する部分があった。
でももうそんなこだわりやプライドは捨てて、君の色に染まったっていいと覚悟を決めました。
「君の絵の具で濁った僕」の方がいい。
そう思えるくらいに大切な存在だと気付いたのです。

答えはただ一つ、君を失いたくはない。

さぁ!急がなくちゃ!

1番 サビ(靴ひもも〜)

靴ひもも結ばずに 駆け足で飛び出して
停留所を通過してく そのバスに飛び乗って
あぁ 一秒でも早く君の持つ場所へ

<出典>Mr.Children/靴ひも 作詞:桜井和寿

靴ひもも結ばずに家を飛び出します。

全力で走っていると停留所をバスが通過していく。
彼はふと思います。
「このバスに乗れば早い!」

すぐさまバスに乗り込む主人公。
乗車中も吊り革を握りながら君のことを考えます。
「早く!早く!」

2番 Aメロ(スーパーの〜)

スーパーの前の歩道に
主人を待つ雑種の犬
ガードレールに繋がれている
君に微笑んで欲しくて
吊り革握っている僕とどこか似ている
そわそわして

<出典>Mr.Children/靴ひも 作詞:桜井和寿

彼の乗るバスがスーパーの前を横切りました。
そこに犬がいる。
犬は”早く主人に会いたい”と、買い物が終わるのを待っているようです。
でもガードレールに繋がれていて動けない。
吊り革を握りながらそわそわしている自分そのものです。

「早く君の笑顔が見たい!」
「早く主人に会いたい!」
その想いは同じ。

2番 サビ(愛しくて〜)

愛しくて 苦しくて そして自分を見失って
ウザッたくて 終わらして でももっと 苦しくて
あぁ 一瞬でも早く君の待つ場所へ

<出典>Mr.Children/靴ひも 作詞:桜井和寿

このセクションに僕が”喧嘩中”と解釈したフレーズがあります。

ウザッたくて 終わらして でももっと 苦しくて”

ウザッたくて何を終わらせたのでしょうか?
それが『喧嘩』です。

主人公は彼女との”喧嘩”をウザったいで終わらせてしまったのです。
「自分には非がない」とうだうだしていた主人公。
彼女の意見など聞かずにイライラして、謝りたくないから「うざい」で終わらせてしまった。
でも、やっぱ好きだし別れたくない。
素直になれなかった自分の不甲斐なさに、更にもっと苦しくなったのです。

だから本当の気持ち(謝りたい)を伝えたくて、一秒でも一瞬でも早く君に会いたいのです。

ラスサビ(渋滞で〜)

渋滞で 停車した このバスを飛び出して
靴ひもも気にせずに 全力で駆け出して
愛しくて 切なくて 君の色で 濁っている
その部分が 今一番 好きな色 僕の色
あぁ 一秒でも早く君の待つ場所へ
あぁ 一瞬でも早く君の待つ場所へ

<出典>Mr.Children/靴ひも 作詞:桜井和寿

バスはまだ着かない。
まさかの渋滞…。

居ても立っても居られず、バスを飛び出します。

ほどけた靴ひもも気にせずに全力で走ります。
早く君に会いたい一心です。

もうこだわりは捨てた。
僕の心は君の色で染まっている。
君と一緒に濁っている。
「あぁ、この色が僕が好きな色だったんだ」
と、必死で走りながら確信します。

あとは一瞬でも早く君の待つ場所へ辿り着くだけです。

聴きどころ

メロディー

サビの何度も駆け上がるようなリフレインが印象的。
主人公の込み上げる想いが伝わってくるようです。
締めの「一秒でも早く君の待つ場所へ」で更にグッとくるのもポイント。
そのフレーズを聴きたいが為にこの曲を聴くこともあります。

全体的にシンプルですが、ポップさの中に強い意志を感じますね。

アレンジ

  • 原曲Key=F
  • BPM(テンポ)122

緩やかなイントロ、Aメロからサビで一気にスピード感ある展開に変わるのが熱い。
クレッシェンドを繰り返すラスサビが、猛スピードで駆け出す主人公の心情と重なります。

面白いのは間奏等で使用されている”ネジを巻く音”。
『DOME TOUR 2005 “I ♥ U” 〜FINAL IN TOKYO DOME〜』にて、ねじ巻人形のような男がネジを巻かれて突き進む映像も作られており、一直線に走り出すイメージも歌詞とリンクします。

ストーリーに寄せた細かなアレンジが聴きどころです。

著名人の感想

※情報があり次第記載

ライブ&テレビ披露

ライブ

  • DOME TOUR 2005 “I ♡ U”
  • Mr.Children & the pillows new big bang tour ~This is Hybrid Innocent~
  • ap bank fes ’09
  • [(an imitation) blood orange] Tour(ドーム公演のみ)

オススメ映像作品

MR.CHILDREN DOME TOUR 2005 “ I ♥ U ” ~ FINAL IN TOKYO DOME ~

予想以上に桜井さんの歌が熱くてカッコいいです♪

テレビ

なし

スポンサーリンク

まとめ

アルバム『I ♥ U』は音はもちろんのこと、ジャケットから歌詞カードまでとにかく”衝動的なもの”というのがコンセプトです。
まさに『靴ひも』も歌詞のストーリーやアレンジが衝動的ですよね。
レコーディングも事前にデモテープを作らずに行われたくらいです。

歌詞に関しては恋愛を歌ってはいますが、もう一つ別の視点で解釈ができます。
それは「君」を「夢」に置き換えた、“夢を追う人”です。

夢を追う中で様々な障壁にぶち当たり、心折れる時が必ずあります。
そんな時にうだうだしていると目的地へ向かうバスは通り過ぎてしまうでしょう。
もちろん挫折しそうになったり、自分を見失ったりして「もうやめてしまいたい」と思う時もあります。
目指す夢が大きければ大きいほど、そこに向かう道は渋滞しているのです。

歌詞に「君の絵の具で濁った僕がいい」というフレーズがあります。
好きなこと、やりたいことを見つけたなら、それに全力で染まって突っ走って追い駆ければいい。
その色で濁った自分は輝いているんだと言い聞かせることも、夢を追う上で大事なことです。

そんな解釈の仕方もアリなのかなと思いました。

YouTube版楽曲解説
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました