【友達のままで】完全解説+歌詞の意味/Mr.Children

EVERYTHING
チルカン
チルカン

Mr.Children「友達のままで」の解説と歌詞考察だよ♪

ポイント

絶対OKをもらえると勘違いして告白した場合の末路

楽曲紹介

楽曲収録CD

概要収録作品発売日
1st ALBUMEVERYTHING1992年5月10日

作詞:桜井和寿/作曲:桜井和寿

豆知識

チル鶏
チル鶏

楽曲中で鍵盤ハーモニカ(ピアニカ)を担当しているのは田原さんだよ♪

チル鶏ブラック
チル鶏ブラック

当時のライブでも度々披露していたみたいだぜ

アルバムジャケット情報

created by Rinker
¥2,136 (2024/07/18 05:18:51時点 楽天市場調べ-詳細)
  • ジャケットの吹き出しは合成素材ではなく段ボールで作られた本物
  • アートディレクター:信藤三雄

MV(ミュージックビデオ)情報

撮影場所

なし

ミュージックビデオはございません

タイトルについて

アマチュア時代のタイトルは『友達のまま』だった。
友達のままでいたくない(恋人同士になりたい)主人公と友達のままでいられないと泣き出すあの娘の物語。

歌詞考察

1番 Aメロ(ハンドルを〜)

ハンドルを握って 見た事もない場所まで
できるだけ頭を 空っぽにして走った
あの娘の事 思い出さないように
カーラジオつけて 飛ばして

<出典>Mr.Children/友達のままで 作詞:桜井和寿

主人公は想いを寄せていた女性に告白をして、フラれてしまったようです。

ショックはとても大きく、その悲しみを忘れたい一心。
何も考えないように車に乗り込み、ハンドルを握りただただ走らせます。

とは言いつつも、悲しみは自然と溢れてしまうもの。
ふと思い出してしまわぬようにカーラジオをつけて紛らわせ、アクセルを踏み続けます。

次のセクションで主人公がフラれたシーンを描いています。

1番 サビ(友達の〜)

友達のままじゃ いたくないと
きりだした僕を見て
もうこのままじゃ いられないと
君は 急に泣き出した

<出典>Mr.Children/友達のままで 作詞:桜井和寿

これまで二人はとても仲の良い”友達”でした。

いつしか主人公は彼女を好きになってしまったのです。
仲が良すぎたため、きっとある程度の自信はあったのでしょう。
主人公は思い切って告白をしました。

「友達以上の関係になりたい、僕と付き合って下さい」

しかし彼女はあくまで彼を友達としか思っていなかった。
それ以上の関係に思うことができなかったのです。
それだけでなく、その告白により「友達の関係で居続けることはできない」と言い出しました。

恋愛感情があると知ってしまった以上は、互いにどうしても意識してしまいます。
このままの関係でいると、時には主人公に期待をさせてしまうこともあるでしょう。
彼の好意をいいことに、都合良く接してしまうかもしれません。

そう考えた彼女は、泣き出してしまいました。

2番 Aメロ(外は〜)

外は晴れてるのに 標識はぼやけたまま
ワイパーをつけても この涙は飛ばされない
いつの間にか 立てられていたルールを
壊したのは君の方なのに

<出典>Mr.Children/友達のままで 作詞:桜井和寿

場面が冒頭に戻ります。
主人公は相変わらず車を飛ばしているようです。
外は晴れているのに道路標識がぼやけて見える。
あの娘の事を思い出さないようにしていたのに、どうしても涙が溢れてきます。
ワイパーをつけたところでその涙を拭ってはくれません。

最初はもちろん”友達”というルールの中、二人は交流をしていました。
しかし主人公には「その関係を壊したのは君の方だ」という言い分があります。

おそらく彼女は、主人公に必要以上に優しくしたり、距離の近い接し方をしていたのでしょう。
彼はそんな深い”男女の友情”に免疫がなかったのかもしれません。

いきなり告白したりして自業自得かもしれない。
でも「恋をさせたのは君の方だ」と言いたいのです。

2番 サビ(ふざけて〜)

ふざけてばかりで 本当の事
隠しては来たけど
知ってたはずだろう
僕が君をいつもずっと見てた事

<出典>Mr.Children/友達のままで 作詞:桜井和寿

ふざけてちょっかいを出したりしてきたけど、それは君をぞんざいにしてきたわけじゃない。
好きの裏返しだったというだけ。

男性によく見られる心理です。

僕の気持ちを「君は気づいていたはずだ」と主人公は言います。
気持ちを知っていたにも関わらず、勘違いしてしまうような接し方を君はしてきた。

これが主人公の言い分なのでしょう。

2番 サビ(友達の〜)

友達のままじゃ いたくないと
きりだした僕を見て
もうこのままじゃ いられないと
君は 急に泣き出した

<出典>Mr.Children/友達のままで 作詞:桜井和寿

彼はハンドルを握ったまま、一体どこへ向かってしまうのでしょうか…。

聴きどころ

メロディー

Mr.Childrenの中でも上位に入るほどシンプルなメロディー。
音数も少なく、譜割も詰め込まずに歌詞をそのままメロに乗せているので、とても歌いやすいです。

一番好きなポイントは、サビの「友達のままじゃ」「ま〜まじゃ」「いられないと」「な〜いと」
明るいメロディーの中で、切なさを感じるポイントかと思います。

アレンジ

  • 原曲Key=G
  • BPM(テンポ)155

テンポの速い楽曲です(BPM155)。
シティポップ風なアレンジで、良い意味でのショボさが味になっているかと思います。

イントロなどの鍵盤ハーモニカは田原さんが弾いています。
今後演奏する機会があるとしたら、曲にはエレキも入っているのでライブでは誰が演奏するかが気になるとこですね。(YouTubeで昔の映像を観ましたが、当時はイントロなどでギターは弾かず、田原さんが鍵盤ハーモニカのみを演奏していました)

披露する機会があるとすれば、ALBUM『深海』の『Mirror』のように、センターステージなどでアコースティックなアレンジで、田原さんが担当するパターンが可能性としては高いかと思います。

94年以降ライブ披露がないので、当時のライブに参加された方がとても羨ましいですね。

著名人の感想

随時更新します。

ライブ&テレビ披露

ライブ

  • アマチュア時代(様々なイベントやライブハウスにて)
  • ’92 EVERYTHING TOUR
  • ’92 Your EVERYTHING TOUR
  • ’92-93 Kind of Love TOUR
  • ’94 Special Concert

オススメ映像作品

現在映像収録作品はございません。

テレビ

なし

まとめ

鍵盤ピアニカが印象的で、ユニークさのある明るい曲。
でも非常に惱ましげで心苦しい歌詞の楽曲でした。

Atomic Heart』収録の『クラスメイト』同様、一見友情を描いてそうなタイトルなのに、蓋を開けたら”中身は別のもの”というタイトル詐欺的な感覚もあります(もちろんいい意味で)。

フラたり落ち込んだりした時、車や電車で遠くへ行き、誰に気を遣うこともなく一人で過ごしたい気持ちもわかります。
この主人公が未練や心のモヤモヤを断ち切ることが出来ていればいいのですが…。

桜井さんの歌詞には続編がほしくなる作品がとても多いです。
一体主人公はその後どうなってしまうのか…?
ご想像にお任せと返されるのがオチだとは思いますが、そんな続きの気になる物語の一つですね。

YouTube版楽曲解説
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました