【CHILDREN’S WORLD】完全解説+歌詞の意味/Mr.Children

EVERYTHING
チルカン
チルカン

Mr.Children「CHILDREN’S WORLD」の解説と歌詞考察だよ♪

ポイント

いつまでも子供の心を忘れてはいない

楽曲紹介

収録CD

概要収録作品発売日
1st ALBUMEVERYTHING1992年5月10日

作詞:桜井和寿/作曲:桜井和寿

豆知識

チル鶏
チル鶏

アマチュア時代から存在する曲の一つだよ♪

チル鶏ブラック
チル鶏ブラック

ベストアルバム『Mr.Children 2011 – 2015』のSPECIAL WEB視聴シリアルナンバーで観れる期間限定特典映像に「渋谷La.mama」でのライブ映像が公開されたな。

アルバムジャケット情報

created by Rinker
¥2,136 (2024/06/16 21:57:45時点 楽天市場調べ-詳細)
  • ジャケットの吹き出しは合成素材ではなく段ボールで作られた本物
  • アートディレクター:信藤三雄

MV(ミュージックビデオ)情報

撮影場所

なし

ミュージックビデオはございません

タイトルについて

直訳すると「子供達の世界」。
その世界は大人の心の中にも存在している

スポンサーリンク

歌詞考察

1番 Aメロ(壊れた窓の〜)

壊れた窓の隙間から
僕を呼ぶ口笛が聞こえる
空き地の隅に組み立てた
秘密の基地へ走って行く
ママの口癖も 聞こえないふりで
仲間を集めて 始めよう

<出典>Mr.Children/CHILDREN’S WORLD 作詞:桜井和寿

冒頭からまさに”子供達の世界”が目に浮かんできます。

口笛が集合の合図。

その口笛にママも気がついたようです。
「勉強は終わったの!?」という母親の口癖を、誰もが一度は言われたことがあると思います。
でもそんなことに耳を傾けることなく、ワンパク少年たちは秘密基地へ集まります。

さて、何かを始めようとしていますね。

1番 Aメロ2(あいつは口が〜)

あいつは口が軽いから
仲間には入れたくないけれど
ギター弾くのが上手いんだ
それはまるで チャック・ベリーのように
トランプが化けた メンバーズ・カード
こっそり計画を立てて

<出典>Mr.Children/CHILDREN’S WORLD 作詞:桜井和寿

秘密の基地へ集まった仲間達。
どうやら一人仲間外れにしたい人物がいるようです。
それは”口が軽いあいつ”。

仲間には入れたくない。
でも入れざるを得ない理由があります。
何故ならそいつは“チャック・ベリーのようにギターを弾くのが上手い”から。

どうやら子供達は音楽に詳しいようです。
本当は”あいつ”を仲間外れにしたいのに、ギターが上手いからしょうがなく誘った。

ここまでのストーリーから考察すると、彼らの秘密基地には楽器が置いてあり、彼らはバンド活動をしていると考えられます。

“トランプのメンバーズカード”
トランプの4種類のマークにはそれぞれ意味があります。

  • 「スペード」(剣) 貴族や軍人を表す
  • 「ハート」(聖杯) 聖職者や僧侶を表す
  • 「ダイヤ」(貨幣) 商人を表す
  • 「クラブ」(棍棒) 農民や労働者を表す
    (Wikipediaより)

これらをバンドに当てはめるなら。

  • 「スペード」 ボーカル
  • 「ハート」 ギター
  • 「ダイヤ」 ベース
  • 「クラブ」 ドラム

さて、彼らはどんなミッションをこっそりと遂行しようとしているのでしょうか。

【チャック・ベリー】

  • 本名:チャールズ・エドワード・アンダーソン・ベリー
  • アメリカのミュージシャン・ギタリスト
  • ロックンロール創始者の一人

※ジョン・レノンがロックンロールに別名を与えるとするなら「チャック・ベリー」と敬愛するほどの人物。

1番 サビ(何か大きな〜)

何か大きな事を しでかしたくて
ウズウズしている
いつも 大人の声に 聞き耳立てて
ビクビクしている
そんな CHILDREN’S WORLD

<出典>Mr.Children/CHILDREN’S WORLD 作詞:桜井和寿

子供達の計画は”大きな事”をしでかすこと。
それは例えば”好きな音楽を演奏する”ことなど。
「勉強、勉強」と言われ続けるような退屈なレールから外れて、”楽しい事”に夢中になりたいのです。

しかし、これからの行動で未来が変わる子供達。
大人は子供がレールから外れることを黙って見過ごせません。
でも子供達はお叱りの声がいつ飛び交ってくるのかとビクビクしながらも、”やりたいこと”をやりたいものです。

2番以降は大人になった彼らに目線が変わります。

2番 Aメロ(間違いだらけ〜)

間違いだらけの答案は
空き地に埋めて隠したけど
心の隅に隠してる
重い荷物は消せないから
あの頃のように 笑えない時が
いつか来るけれど 心の中は

<出典>Mr.Children/CHILDREN’S WORLD 作詞:桜井和寿

人は子供から大人になるにつれ、数多くの失敗や間違いを繰り返します。
時にはその間違いを認めたくなくて、怒られたくなくて、点数の低いテスト用紙を引き出しに仕舞い込んだままいつ親に見せようかと悩む子供のように隠し通そうとします。

ちょっとしたことであれば、それでやり過ごすことは出来るかもしれません。

でも、心の奥の罪悪感やストレスは残り続けます。
たまにふと思い出し、懺悔したくなる時もあります。
モヤモヤを隠したり嘘をついたりしていると必ずいつか後悔する時がくる。

親が口癖のように子供を叱りつけるのは、子供に人生を後悔してほしくない為。
やりたいことをやるだけが人生ではないと皆いづれ気付きます。

それでもどんな大人も純粋無垢な子供の心を忘れたわけではありません。

2番 サビ(数えきれない〜)

数えきれない夢を抱えて
ドキドキしている
今は思い通りにいかないことも
いつかは叶えて
ここは CHILDREN’S WORLD

<出典>Mr.Children/CHILDREN’S WORLD 作詞:桜井和寿

大人だって夢を持ち、ドキドキしながら生きています。

この先、思い通りにいかないことはたくさんあるでしょう。
でもそれ以上にやりたいことはどんどん増えていきます。
だから一日一日を頑張って生きていれば、いつかきっと叶う日が来る。

そして何かを叶えても、また“何か大きな事をしでかしたい”と願います。
幾つになっても心の中に「CHILDREN’S WORLD」は存在していて、誰もが子供の心を忘れてはいないのです。

聴きどころ

メロディー

初期の初々しさを感じる勢いのあるメロディーです。

個人的に好きなフレーズが、サビのズウズしている」「キドキしている」の頭の一音。
通常のスケールから半音フラットさせており「ウズウズ」「ドキドキ」な心の疼きがイメージできます。

アウトロの「Chu Chu〜♪」では”仲間を集めて楽しむ子供達”の陽気な歌声を表現しているようにも感じますね。

アレンジ

  • 原曲Key=E
  • BPM(テンポ)140

イントロから印象的なアルペジオで始まる曲。
そのアルペジオがメロの繋ぎで何度も使用されており、耳に残ります。

最後までギター色全開でコーラスもあり、ライブハウスでの演奏が似合うバンドサウンドです。
アコギ含めギターは最低3本以上は入っていますが、Mr.Childrenの楽曲の中では4人だけで演奏しても成立する、数少ない作品の一つではないでしょうか。

ノリも良くライブで盛り上がるサウンドになっているかと思います。

著名人の感想

桜井くんの声質、8ビートに乗っかると気持ちいいよね。

藤井フミヤ

ライブ&テレビ披露

ライブ

  • アマチュア時代(様々なイベントやライブハウスにて)
  • ’92 EVERYTHING TOUR
  • ’92 Your EVERYTHING TOUR
  • ’92-93 Kind of Love TOUR
  • ’94 Special Concert
  • STADIUM TOUR Hounen Mansaku 夏祭り1995 空(ku:)
  • STADIUM TOUR 2015 未完

オススメ映像作品

Live DVD & Blu-ray『Mr.Children Stadium Tour 2015 未完』

created by Rinker
¥5,923 (2024/06/17 10:26:21時点 楽天市場調べ-詳細)

約20年振りの披露で初映像化だよ♪貴重です!

テレビ

なし

スポンサーリンク

まとめ

タイトルに含まれている「CHILDREN」と歌詞の内容から、まるでMr.Children自身を描いているような作品です。
デビューへ向けたアマチュア時代の集大成が『CHILDREN’S WORLD』と言ってもいいのではないでしょうか。

Mr.Childrenのアマチュア時代最後の作品『MR.CHILDREN』(カセットテープ)にこの楽曲が収録されております。
【収録内容】

  1. CHILDREN’S WORLD
  2. 車の中でかくれてキスをしよう
  3. 友達のまま

上記のテープ『MR.CHILDREN』の『CHILDREN’S WORLD』は1番サビ以降の歌詞が違います。
桜井さんは『未完ツアー』のMCで、この曲は「仲間って良いな」という歌だとおっしゃいました。
実はそのテーマが強く表れているのは、アマチュア時代Ver.の歌詞にあります。
今回はその歌詞を紹介させて頂きます。
※赤文字が原曲と違う箇所です。耳コピの為100%正確ではありません。

壊れた窓の隙間から
僕を呼ぶ口笛が聞こえる
空き地の隅に組み立てた
秘密の基地へ走って行く
ママの口癖も聞こえないふりで
仲間を集めて始めよう

あいつは口が軽いから
仲間には入れたくないけれど
ギター弾くのが上手いんだ
それはまるでチャック・ベリーのように
トランプが化けたメンバーズ・カード
こっそり計画を立てて

何か大きな事をしでかしたくて
ウズウズしている
いつも大人の声に聞き耳立てて
ビクビクしている
ここは CHILDREN’S WORLD

間違いだらけの答案
テーブルにそっと置いた時は
押し入れに僕を閉じ込めて
ママはヒステリック起こしたけど
数字にならない大切なものが

本当は沢山あるのに


何か大きな事をしでかしたくて
ウズウズしている
いつも大人の声に聞き耳立てて
ビクビクしている
ここは CHILDREN’S WORLD

<出典>Mr.Children/CHILDREN’S WORLD(アマチュアVer.) 作詞:桜井和寿

アマチュア時代の歌詞はまさに”仲間って良いな”という曲です。
そしてデビューするにあたり、本作のテーマを大きく広げました。
アルバム最後の作品として、学生時代からデビューまで駆け抜けてきたその強い想いが、この楽曲に込められているように感じます。

YouTube版楽曲解説
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました